プレゼンテーション研修

プレゼンテーション研修プログラム

スキルアップの体感に目からうろこ!自分のプレゼンができる

マンツーマンで手取り足取り、プレゼンマンに仕上げます

無駄な会議よ、おさらば!必ず結果を出す会議法

プレゼンしてプレゼンしてプレゼンする合宿研修

プレゼンテーション効果を高めるドキュメント作成講座

総合的な業務スキルを伸ばすには、

「プレゼンテーションスキル」を強化することが大切です

プレゼンテーション=発表力ではない

プレゼンテーションと言うと、イメージとしては

「私の仕事はプレゼンの機会があまりない」

「間接部門なので、管理業務しか行っていない」

「客先常駐なので、あまり関係がない」

という答えをよく耳にします。

つまり「プレゼンテーション」を会議室や会議の場で多くの人を前にして何かを発表することをイメージされがちです。

しかし、それはプレゼンテーション力を発揮するほんの一場面にしか過ぎないのです。

プレゼンテーション力とは


人間力を活かした「プレゼンテーション力」とは、一連の業務プロセスであり、ビジネスセンスそのものなのです。
状況を客観的に判断し, 与えられた課題に対してその問題点を探り, 必要な情報収集を行い, それを課題解決のシナリオを構成し, それを相手が理解し、行動に移しやすいよう伝達し, その結果を次の機会に活かす 単に発表方法や表現力のスキルアップを行っても、それは業務のごく一部分でしか通用しません。
プレゼンテーション力 このように、プレゼンテーション力を磨くことは日常業務全体のスキルアップにつながるものです。また、実施する対象も営業職はもちろんのこと、新入社員から管理職まで階層や職種を問わず、実施することが望ましいのです。

「プレゼンテーション力」強化の効果


① 仕事を合理的に進める考え方が出来る。 ② 相手のして煮立って考えることが出来る。 ③ 洞察力や観察力といった多角的な視点が養われる。 ④ 精度の高い情報を収集する力が養える。 ⑤ 理論的な思考をすることが出来る。 ⑥ 相手の行動を喚起できる説得力と表現力が出来る。

プレゼンテーション研修プログラム