人間力研修

従来のヒューマンスキル教育との違い

今までと同じ教育を行っているのに、教育の効果が得にくくなっていませんでしょうか。
対象層もカリキュラムも講師も同じはずなのに...


一般的に行われているヒューマンスキル教育

① あるべき姿と現状の差異を埋める教育。 ② 一般的な常識として年次に相応しいスキルの教育。 ③ 学んだスキルを応用できるよう、事例研究や演習で実践力を磨く。 ④ OFFJT→OJTで現場での実践力を学ぶ。 しかし、こうした教育ではスキルの高い社員には物足りず、スキル不足の社員にはその場限りの効果しかないといった、「教育効果格差」が生じています。

その結果、最近では次のような問題点が職場で見受けられるようになっています。


ヒューマンスキルの問題点

① 仕事では特にミス花井が、熱意が感じられない。 ② 言われたこと以上のことを進んで実行できない 。③ 会社の培ってきたよき風土が受け継がれていない。 ④ 自分の意思を簡潔にわかりやすく伝えられない。 ⑤ 習ったこと以外の問題に遭遇すると対応できない。 ⑥ 問題や課題に対して諦めが早い。 社会環境の変化、若年層の価値観の変化など従来の常識や価値観が通用しなくなってきているのです。

それは研修の場でも、このような問題が起きています。
① 仕事では特にミス花井が、熱意が感じられない。 ② 言われたこと以上のことを進んで実行できない。 ③ 会社の培ってきたよき風土が受け継がれていない。 ④ 自分の意思を簡潔にわかりやすく伝えられない。 ⑤ 習ったこと以外の問題に遭遇すると対応できない。 ⑥ 問題や課題に対して諦めが早い。 これでは、せっかくの教育も時間とコストの無駄になってしまいます。

そのためには、スキル習得が中心のヒューマン教育からの変革が必要です!


従来のヒューマン教育と人間力を核とした人材教育の違い

・ 一人一人が「自分の持ち味」を理解すること。 ・ 全員が一律のスキルアップを図るのではなく、各自の目標を明確にすること。 ・ 会社のビジョンと自分のビジョンを統合すること。 ・ 仕事を通じて感動や感謝、達成感というやりがいを生む仕組みを作る。



ページトップへ